もどる

患者さまの安全を守るお薬手帳

2012年5月20日

2012年4月1日より、「薬学管理料(薬剤服用歴管理指導料)」に含まれることになりました。

(発行してもしなくても料金は変わりません)。
お薬手帳はあなたに処方されたお薬の名前や飲む量、回数などの記録(薬歴)を残すための手帳です。この記録がありますと、医師・歯科医師や薬剤師が、どのようなお薬をどのくらいの期間使っているのかが判断できます。
また、他の病院や医院などでお薬をもらうときにも、医師・歯科医師や薬剤師にお薬手帳をみせることで、同じお薬が重なっていないか、また飲み合わせ等についての確認も行ってもらえます。


◎お薬手帳のご利用方法

  1. 病院や医院、歯科医院、薬局に行ったときには、毎回、必ず医師・歯科医師やキリン薬局 薬剤師に提出してください。
  2. 薬局で市販のお薬を買った場合にも、記録してください。
  3. お薬について、わからないこと、困ったこと等があるときには、右下の空欄に記録しておきましょう。
  4. 患者さまがもらったおくすりの記録(薬歴)になりますので、大切に保管してください。

投稿者 : admin